D2C

プレスリリース

「アプリ甲子園®2016」決勝大会を開催
全国中高生のアプリ開発者の頂点が決定!
~優勝は大渕雄生さん(開成高校2年)の介護サポートIoTツール~

  • ニュースリリース
  • 「アプリ甲子園®2016」決勝大会を開催
    全国中高生のアプリ開発者の頂点が決定!
    ~優勝は大渕雄生さん(開成高校2年)の介護サポートIoTツール~

株式会社D2C(本社:東京都中央区、代表取締役社長:宝珠山卓志、以下D2C)は、全国の中高生を対象としたスマートフォン向けアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園2016」の決勝大会を10月23日(日)に開催いたしました。中高生10組のファイナリストによるプレゼンテーション後、厳正なる審査の結果、優勝は大渕雄生さん(開成高校2年)の認知症の方をターゲットとした介護サポートIoTツール「Find Family」に決定しました。

「アプリ甲子園」は、次世代を担う若手クリエーターの発掘と健全な育成支援を目的として、D2Cが2011年より開催しているスマートフォン向けアプリ開発コンテストで、今年で第6回目を迎えました。7月1日(金)から8月31日(水)まで、公式ウェブサイト(https://www.applikoshien.jp/)にて、全国の中高生が開発したスマートフォン向けアプリ(タブレット端末向け含む)を広く募集し、昨年を上回る作品応募がありました。

10月23日(日)にD2Cホールで開催した決勝大会では、10組の中高生アプリ開発者が一堂に会して、公開プレゼンテーションを行い、様々な分野で活躍する5名の審査員がアプリの企画力を審査。その後、端末上で実際にアプリを操作したり、ソースコードを確認しながら実装力を採点し、優秀な作品を選出しました。その結果、「アプリ甲子園 2016」の優勝は、大渕雄生さん(開成高校2年)の認知症の方をターゲットとした介護サポートIoTツール「Find Family」に決定。認知症介護という社会的な課題をテーマに、アプリという枠組みを超え、IoTツールとしての完成度が高く評価されました。準優勝には、西村太雅さん(立教新座高校1年)のゲームアプリ「Which is the Floor?」、第3位には、矢鋪明司さん(N高校2年)の音楽ゲームアプリ「DotResonance」が選出されました。更に「技術賞」1点と、協賛企業による「特別企業賞」3点が選出されました。

D2Cは来年以降もアプリ甲子園を実施していく予定で、引き続き、若手クリエーターの発掘と育成支援に力を入れてまいります。

【決勝大会の様子】

集合写真小サイズ

<「アプリ甲子園2016」受賞者・作品一覧>

【優勝】

 作品名 作品概要 作品イメージ
 代表者名/所属
Find Family 認知症の方をターゲットとした介護サポートIoTツール。靴には、GPSで位置情報を調べる仕組みが入っていて、アプリのマップ上では位置情報を表示します。また、徘徊した場合、周囲の人から見つかりやすいように、アプリから靴を光らせることが出来ます。  4
大渕 雄生
開成高校2年

【準優勝】

 作品名 作品概要 作品イメージ
 代表者名/所属
Which is the Floor? ジャンプしたり、時には重力を反転させたりして障害物をよけながら先に進んでいく、シンプルな2D横スクロールゲーム。ゲームの名前の通り、上と下どちらが床だか分からなくなり、また ゴールはありません。時間の経過とともに加算されていくスコアを競うゲームです。  
1
西村 太雅
立教新座高等学校1年

【第3位】

 作品名 作品概要 作品イメージ
 代表者名/所属
DotResonance 流れる曲に合わせて、四角と四角が重なったらタップするだけの簡単操作で楽しめる音楽ゲームアプリ。個性豊かな譜面によって、リズムにノる楽しさが引き出された作品。  
2
矢鋪 明司
N高等学校2年

【技術賞】および【セガゲームス賞2016】

 作品名 作品概要 作品イメージ
 代表者名/所属
VR絵本メーカー 背景となる360度画像やキャラクター、吹き出し、効果音などを選択していくと、誰でも簡単にスマホで観られるVR絵本をつくれるアプリ。  
3
木村 皓子
慶應義塾女子高等学校3年

【パワーハウス賞2016】

 作品名 作品概要 作品イメージ
 代表者名/所属
Photton 画面いっぱいに写真が表示され、左右にスワイプすることで写真を簡単に整理できるアプリ。シンプルながら今までなかった画期的なアプリです。 5
大屋 彩乃
青山学院高等部1年

【電通アイソバー賞2016】

 作品名 作品概要 作品イメージ
 代表者名/所属
言い訳メーカー ドタキャンや遅刻の言い訳を10種類の中から選び、ワンタッチで使用することができるアプリ。また、どの言い訳を何回使用したのか一目で分かり、デザインも女子高生らしい可愛らしいのがポイント。  6
森本 くるみ
青山学院高等部3年

 

 審査員 杉山 知之 氏 デジタルハリウッド大学 学長 / 工学博士
石戸 奈々子 氏 NPO法人CANVAS理事長/株式会社デジタルえほん代表取締役/慶應義塾大学准教授
谷本 有香 氏 フォーブス ジャパン副編集長 兼 WEB編集長
田村 哲也 氏 チームラボ 取締役
中澤 仁 氏 慶應義塾大学環境情報学部准教授 / 博士
 技術審査員 神田 大佑 氏  株式会社パワーハウス ビジネスソリューション部 課長
安達 秀和 氏  株式会社パワーハウス ビジネスソリューション部 テクニカルアドバイザー
 司会 清水 麻美子 氏、アメリカザリガニ 平井 善之 氏
 主催 株式会社D2C
 後援 新経済連盟、NPO法人WRO Japan
 協賛 株式会社セガゲームス セガネットワークス カンパニー、電通アイソバー株式会社、
株式会社パワーハウス、東京工科大学、日本工学院
公式Webサイト www.applikoshien.jp

◆「アプリ甲子園」は、株式会社D2Cの登録商標です。

【一般のお問い合わせ先】
アプリ甲子園運営事務局 河上・田村
TEL:03-6226-8906
E-mail:applikoshien@d2c.co.jp

お問い合わせ

D2Cを、あなたのデジタルマーケティングパートナーに。

お問い合わせ