D2C

IMGSRC

KAXEL

「光を遮ることでみせるメディア」をテーマにした『KAXEL』は、遮光と透過を制御することにより、透明から黒に変化させ"隠す"ことを可能にした空間演出装置です。それぞれの演出に合わせた制御をすることで、アルファベットや数字、幾何学的な模様の表現ができます。また、センサーを搭載すれば、人のシルエットが動くなど、インタラクティブなメディアとしてもみせることができます。さらに照明と組み合わせれば、光と影が織り成すノスタルジックな演出効果も期待できます。
ショーウインドウやエントランスの演出、照明プロダクトなど様々な活用の可能性を秘めているKAXEL。これまでにない新しいスクリーンとして、共創の機会があれば、ぜひご相談ください。

>> KAXEL 詳細を見る
>> PROTOTYPES VOL.05 イベントレポートを読む

 

 

機能・活用例

●信号制御で「黒」と「透明」に切り替わる液晶モジュールパネル。情報を表示しながら、背景の商品を見せたり隠したりすることで、スペースを有効活用したプロモーションができます。

●英数字や幾何学模様、アニメーション等の映像データをビット調の味わいで描画し、メッセージを効果的に伝えます。
様々な環境や物質と調和し、光と影を操ることで、空間を彩ります。またセンサーと連動させ、インタラクティブなメディアとしても楽しめます。

●鑑賞者側が暗く、KAXELの向こう側が明るい環境下で、「黒」と「透明」のコントラストが際立ちます。
昼間は店内から、夜間は店外からの鑑賞がおすすめです。

お問い合わせ

D2Cを、あなたのデジタルマーケティングパートナーに。

お問い合わせ