D2C

プレスリリース

「第12回モバイル広告大賞」の受賞作品が決定

株式会社D2C(本社:東京都港区、代表取締役社長:宝珠山 卓志、以下D2C)では、モバイルを 活用した広告・マーケティングの更なる普及と発展を目的とした広告賞である「第12回モバイル広告 大賞」の受賞作品を決定しました。

第12回を迎える「モバイル広告大賞」は、2012年4月1日から2013年3月31日までに、各種モバイル端末を活用し実施された広告及びキャンペーン、マーケティング・コミュニケーションの事例を対象とし、「マーケティング部門」と「クリエーティブ部門」の2部門で広く作品を募集しました。作品の選考においては、広告及びマーケティング分野、クリエーティブ分野における著名な8名の審査委員で構成された「モバイル広告大賞選考委員会」にて厳正なる審査を行い、グランプリ及び各部門賞を含む、合計14作品を選出しました。

審査の結果、「第12回モバイル広告大賞」のグランプリは、「Domino's App feat. 初音ミク」(株式会社ドミノ・ピザ ジャパン)に決定しました。本作品は、配達状況を音楽で知らせるトラッキング機能や届いたピザの箱の上でキャラクターの初音ミクが踊るAR体験など、スマートフォンアプリの機能を活用し、当初目標の5倍の売上達成につなげました。注文の約50%がオンライン経由となっている同社において、若年層からのスマートフォンによる注文の獲得は至上命題となっていました。審査では、アプリや商品のパッケージ、配達バイクの秀逸なクリエーティブのほか、初音ミクのダンスや作詞、作曲を実際に同社で働く「クルー」たちが制作した点など、マーケティングとクリエーティブの高度な融合により成果を出し、施策としての総合力が高く評価され、全作品の中からグランプリとして選出されました。

miku5.jpg

  アプリトップ画面     各種機能紹介画面      ARライブシーン      配達状況確認画面

なお、マーケティング部門では、「ベストイフェクティブネス」に「Share a Coke and a Song」(日本コカ・コーラ株式会社)が、「ベストブランディング」に「驚きを、常識に。 FULL CONTROL YOUR CITY」(KDDI株式会社)が、「ベストイノベーション」に「世界最短のタイムセール」(株式会社ドミノ・ピザ ジャパン)が、「ベストキャンペーン」に「VOICE DRIVER」(日産自動車株式会社)が、それぞれ選出されました。さらに、クリエーティブ部門の「ベストアド」には「2013年3月 プレモル史上最大のキャンペーン始まる。」(サントリービジネスエキスパート株式会社)が、「ベストアプリケーション」には「VOICE DRIVER」(日産自動車株式会社)が選出されました。なお、「ベストウェブサイト」は該当作品がありませんでした。

「第12回モバイル広告大賞」では、特定のターゲット層からの注文獲得やSNSでの接点の創出、リアル店舗への誘導など、広告主がそれぞれの課題を明確に意識しながらARや音声認識、GPSなどモバイルならではの技術を活用した作品が多く見られました。また、多くの関係者を巻き込むことでクリエーティブにこだわりつつマーケティング志向においても優れた作品や、エンタテインメント性の高いイベントやゲーム要素の強いコンテンツの展開によって従来の広告・マーケティングの枠組みを超えた施策が増えたことも今回の特徴です。

なお、D2Cは、「第12回モバイル広告大賞」の贈賞式を、7月11日(木)、「ANAインターコンチネンタルホテル東京」(港区赤坂)にて開催します。

<「モバイル広告大賞」とは>
「モバイル広告大賞」は、2002年より、モバイルを活用した広告・マーケティング活動の健全な発展と 普及を目的として開催されている広告賞です。モバイルに特化したアワードとしては最も歴史があり、 モバイル広告・マーケティングの「いま」と「可能性」を発信しています。

 awards.png 

お問い合わせ

D2Cを、あなたのデジタルマーケティングパートナーに。

お問い合わせ