社内報「D2心」

vol.189 2022 WINTER

  • 巻頭インタビュー:D2C(宮崎オフィス)
    成松 大樹 -テクノロジーでグループのオペレーション課題解決を導く
  • [コラム]YOUは何しに宮崎へ?
  • [特集]2022年7-9月期「WE PRODUCE賞」を発表
  • [SKILL BANK]D2C dot 上沢聡太郎
  • [NEWS PICK UP]離れてもつながるCULTUREがある‼
  • [4コマ]…すみません。ミュートでした。…他
PDFで開く

D2C GROUP TOPICS

D2C Group サイトリニューアル

D2Cのコーポレートサイトが、D2Cグループサイトとして昨年12月にリニューアルオープンいたしました。「統合マーケティングパートナー」を掲げるD2Cグループの新たな価値と総合力を伝え、組織や領域を超えて新たな試みをカタチにする、D2Cグループの“これから”を体現したサイトとなりました。このD2心の一部もサイトコンテンツとして仲間入りし、本紙とウェブの両軸で発信していきます。

パラ卓球土井さん、大阪で初優勝を飾る!

11月13日(土)から大阪で開催された「第13回国際クラス別パラ卓球選手権大会」男子シングルス(クラス5)で、D2C所属の土井健太郎選手が予選から全戦をストレートで制し見事優勝の栄冠に輝きました!コロナの影響で2年ぶりの開催となったこの大会は全日本選手権に位置づけられる非常に重要な大会でした。土井選手は、今年3月の「ジャパンオープン・パラ卓球選手権大会」にも出場予定です。
写真提供:日本肢体不自由者卓球協会

自律型キャリア支援「jobチャレ」スタート

媒体の企画・開発・運営などを担うプロダクトカンパニーでは、社員一人ひとりのキャリア形成を支援する取組みとして「jobチャレ」を始動。業務の20パーセントを、自身が所属する部署外で経験でき、その経験を活かし自己成長や自己実現につなげることを会社としてバックアップする制度です。第一回目はDT部の上野さん、プロダクト部の五島さんがjobチャレをスタート。今年4月には第2回目の実施も予定しています。

MarkeZineにインタビュー掲載

キャラクターMVの高評価率99.7%!「コアなファンを育成する松竹×D2C Rの広告戦略」についてMarkeZineにご紹介いただきました。消費者とのタッチポイントの多様化によって、エンタメ業界におけるデジタルマーケティングが活発化してきている中で、松竹が展開する自社コンテンツ『フロムアイドル』におけるデジタル戦略のコンサルタントとして伴走してきたD2C Rの取り組みをお話しました。

「ACC賞」にて合計4つの賞を受賞

D2C dotが担当した、佐賀県庁「23時の佐賀飯アニメ」はブランデッド・コミュニケーション部門 DカテゴリーでACCシルバーを、フィルム部門AカテゴリーでACCブロンズを受賞。森永乳業「ピノアーモンド独立騒動」はブランデッド・コミュニケーション部門BカテゴリーにてACCブロンズを、U-NEXT「映画集め篇」はフィルム部門Bカテゴリーにてショートリストを受賞しました。

はじめてわかった、はじめての投資!

投資初心者に向けて投資のイロハを紹介する日本証券業協会の特設サイトを、カケザンが制作しました。人気動画クリエイターのはじめしゃちょーさんと瀬戸弘司さんが出演する「投資はじわかチャンネル」を開設し、投資の基本から証券会社を訪問し店頭でやり取りする様子など、各回のゲストとともに親しみやすい形で紹介します。「人生100年時代」資産形成の参考としてもチェックしてみてください!

KAXELで感染対策をしながら空間演出

工学と芸術の掛け合わせで社会課題の解決を目指す国立大学法人 電気通信大学の石垣陽特任准教授とイメージソースは、感染症対策をしながらも明るく楽しい世の中にデジタル表現で導くことはできないかと考え、R&Dから生まれた液晶モジュールパネル「KAXEL」に改良を加え、レイアウトの自由度が増し、空間デザインを自由にカスタマイズできるものに一新いたしました。

越境クラファン事業として菜箸のプロジェクトを実施!

箸の生産地として有名な福井県小浜市の株式会社マツ勘によって開発・生産された「Saibashi: Chopsticks for Cooking from Japan」をご紹介。日本では一般的に使われている菜箸が海外ではほとんど認知されていないという外国人社員の視点から企画・開発されたプロジェクトです。

岡山県津山市のYouTubeチャンネルが運用開始

岡山県津山市の魅力を国内外に発信するYoutubeチャンネル「メイドイン津山」を開設しました。本施策はGushcloudで企画、運用、PR施策を行い、現在は津山市職員が直に運用可能な体制構築に向けてサポートしています。老舗鞄メーカーや岡山デニムなど「MADE IN TSUYAMA」のものづくりへのこだわりを発信。是非チャンネル登録、高評価ボタン、コメントをお願いします!




D2Cグループに関する
ご相談・お問い合わせは
下記よりお願いします。

お問い合わせ