D2C

お知らせ

AI時代のクリエイティブ組織を強くする
BAUS式ブートキャンプ・プログラム
CODE Digital Creative Academy Vol.5
2018年7月11日(水)開催決定

  • ニュースリリース
  • AI時代のクリエイティブ組織を強くする
    BAUS式ブートキャンプ・プログラム
    CODE Digital Creative Academy Vol.5
    2018年7月11日(水)開催決定

株式会社D2C(本社:東京都中央区、代表取締役社長:宝珠山卓志、以下D2C)は、デジタルエクスペリエンスを評価するクリエイティブアワード「コードアワード」の派生イベント、CODE Digital Creative Academy(以下、コードアカデミー)の第五回目となる「AI時代のクリエイティブ組織を強くするBAUS式ブートキャンプ・プログラム」を来たる7月11日(水)、D2Cホール(東銀座)にて開催いたします。

どんな偉大なるクリエイティブもひとりのチカラでは生み出せません。AIをはじめとするテクノロジーの進化や、働き方の変化、社会から求められるクリエイティビティの変化など、私たちクリエイターはかつてないほどの変化の波にさらされています。従来型の古い慣習を打ち破り、会社や職種の枠を超え、共創しながら新しいクリエイティブを生み出すためには、まずその基盤となる“チームをつくる”スキルが必要です。このイベントでは、そんな“チームづくり”に必要なチームビルディングの考え方についてプログラムを通じて体験しながら学ぶことができます。

<主なプログラムの内容>
・なぜあなたのチームは機能しないのか?
・世界最強のチームの秘訣について
・チーム運営を円滑に活性化するためにやるべきこと

本プロジェクトはクリエイターのためのプラットフォーム「BAUS」との共催で開催します。講師にはクリエイターを対象にしたチームづくりの第一人者として「BAUS MAGAZINE」の編集長を務め、働き方の祭典Tokyo Work Design Weekのオーガナイザーを務める横石崇氏が担当。コードアワードのキーワードの一つである「クリエイティブチーム」のこれからを学べる「CODE Digital Creative Academy」初のワークショップ形式のイベントです。

 

「AI時代のクリエイティブ組織を強くするBAUS式ブートキャンプ・プログラム」
CODE Digital Creative Academy Vol.5
開催概要

●開催日時: 2018年7 月11日(水) 19:00~21:30(開場18:30)
●会場: D2C ホール(中央区銀座6-18-2 野村不動産銀座ビル5階 株式会社D2C 内)
●講師: 横石 崇 氏 (BAUS MAGAZINE編集長/ Tokyo Work Design Weekオーガナイザー)
●主催: コードアワード運営事務局
●共催: BAUS
●定員: 25名
●参加料: 3,000 円(消費税込)
●こんな方におすすめ:
・クリエイティブの現場でプロジェクトマネジメントに従事している方
・これから新しくクリエイティブのプロジェクトを立ち上げようとしている方
・クリエイティブ組織の作り方について興味関心がある方
・クリエイティブの現場でのチームの在り方に悩んでいる方
●申込方法: Peatixにてお申込みください。※先着順
https://codeacademy-vol5.peatix.com/

※ 申し込み後、当日ご欠席の場合も参加料の払い戻しは致しかねますので、予めご了承ください。

<プログラム>

時間 プログラム 登壇者
19:00~19:10 開会のあいさつ コードアワード運営事務局
事務局長 中田 せら
19:10~21:00 ワークショップ
「AI時代のクリエイティブ組織を強くするBAUS式ブートキャンプ・プログラム」
講師:
横石 崇 氏
21:00~21:30 ネットワーキングタイム※軽食、ドリンク付

※内容は都合により変更の場合もございます。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

<登壇者プロフィール>

横石 崇
BAUS MAGAZINE編集長/Tokyo Work Design Weekオーガナイザー

<プロフィール>
&Co.,Ltd 代表取締役。1978年生まれ。多摩美術大学卒。TUGBOATグループにて役員を歴任後、人材紹介会社の役員を経て、2016年に&Co.Ltd設立。メディア開発や事業コンサルティング、クリエイティブプロデュースをはじめ、人材教育ワークショップやイベントなど、企業の内と外において”場の編集”を手法に、様々なプロジェクトを手掛ける。のべ2万人が熱狂した「Tokyo Work Design Week」オーガナイザーをはじめ、『WIRED』日本版コントリビューター、「六本木未来大学」アフタークラス講師などを務める。編著本に「これからの僕らの働き方~次世代のスタンダードを創る10人に聞く~」(早川書房)がある。

<BAUSとは>
BAUSはクリエイターと企業をつなぐプラットフォームとして2017年6月にスタートしたサービスです。フリーランスやパラレルキャリアをはじめとした多彩な働き方をするクリエイターと、 クリエイティブ・リソースを求める企業をMAKE TEAMとBAUS MAGAZINEでサポートしています。
URL: https://bau-s.jp/
URL: https://bau-s.jp/magazine

<CODE Digital Creative Academyとは>
コードアワードの派生イベントとして、2017年11月に誕生。デジタルマーケティング/クリエーティブに関わるすべての方に、国内外の最新トレンドや事例、業界の先端をいくトップクリエーターによる対談など、毎回さまざまなゲストとテーマを用意し、業界の今と未来について考える学びの場です。

<コードアワードとは>
「コードアワード」は、モバイル広告およびモバイルマーケティングの健全な発展と普及を目的として、2002年より開催されてきた「モバイル広告大賞」を前身とし、2014年よりその対象をデジタル全域へと拡大させた、デジタルエクスペリエンスを評価するクリエイティブアワードです。
デジタルマーケティングの「いま」を刻み、「未来」を拓くアワードとして、より多くの秀逸な作品を顕彰し、デジタルを活用した広告コミュニケーションおよび、デジタルマーケティングの活用事例を発信します。
URL: http://www.codeaward.jp/
facebook: https://www.facebook.com/codeaward/
twitter: @code_award

<D2Cとは>
株式会社D2Cは、2000年6月1日に、株式会社NTTドコモ、株式会社電通、株式会社NTTアドの3社合弁で設立された、デジタル広告/マーケティング会社です。D2Cでは、デジタル領域を軸に、統合デジタルマーケティングの提案・実施までをワンストップで提供する「デジタルマーケティング事業」、ドコモメディアや各種一般メディアにおける広告を取り扱う「ドコモ事業」、アジアを中心とした国々での広告・マーケティング事業を行う「海外事業」の3つの事業を展開しています。
URL:http://www.d2c.co.jp/

【一般のお問い合わせ先】
コードアワード運営事務局(株式会社D2C内)
E-mail:info@codeaward.jp

【報道関係者からのお問い合わせ先】
株式会社D2C広報宣伝室  担当:中田、金
TEL:03-6226-8904  FAX:03-6226-8262
URL:http://www.d2c.co.jp/  E-mail:press@d2c.co.jp

お問い合わせ

D2Cを、あなたのデジタルマーケティングパートナーに。

お問い合わせ