D2C

グループ会社情報

D2C dotとユーフラテスが、
NHK Eテレ「ピタゴラスイッチ」の
パズルゲームアプリ「ピタゴラパブロフ」のAndroid版を提供開始
~シンプルだが奥が深い、考え方を育てるパズルゲーム~

  • ニュースリリース
  • D2C dotとユーフラテスが、
    NHK Eテレ「ピタゴラスイッチ」の
    パズルゲームアプリ「ピタゴラパブロフ」のAndroid版を提供開始
    ~シンプルだが奥が深い、考え方を育てるパズルゲーム~

株式会社D2C dot(本社:東京都中央区、代表取締役社長:四栗 崇、以下、D2C dot)とユーフラテス有限会社(本社:東京都中央区、以下ユーフラテス)は、本日2016年12月7日(水)より、共同で、パズルゲームアプリ「ピタゴラパブロフ」のAndroid版を提供開始しました。

img_6460

「ピタゴラパブロフ」は、NHK Eテレで放送されている幼児向けテレビ番組「ピタゴラスイッチ」の”考える力を育てる”というコンセプトに基づいたパズルゲームアプリです。

2010年に、東京藝術大学教授の佐藤雅彦を中心にユーフラテスの石川将也とインタフェース研究者の安本匡佑がiPhone®向けパズルゲーム「Pavlov(パブロフ)」を開発しました。「Pavlov」は数学的な楽しさを手軽に体験できるゲームです。ゲーム性の新しさとグラフィックスの美しさでターゲットから非常に高い評価を受けました。その「Pavlov」をインタフェースやパズルの内容を大幅に改良し、子供を含む一般の方々に楽しんでもらえるようにしたのが、この「ピタゴラパブロフ」です。
パズルをきちんとそろえる気持ち良さとともに、言語を介さずに考え方や思考力を育てるという「ピタゴラスイッチ」のコンセプトに合致したゲームです。
「ピタゴラパブロフ」iPhone版では、ステージ1が無料でプレイできましたが、Android版では、ステージ2も無料でプレイ可能になり、より楽しんでいただけるようになりました。それに伴い、iPhone版もステージ2まで無料プレイが可能になりました。

<ピタゴラパブロフの画面イメージ>

pp1

pp2

今後も、D2C dotとユーフラテスは、思考力を育てる教育的なコンテンツやアプリの開発・運用に注力してまいります。

◆「Android」、「Google Play」は、Google Inc.の登録商標です。
◆「iPhone」は、Apple Inc.の商標です。
◆「iPhone」 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

※画像を使用される際は、下記のクレジット記載をお願いいたします。
画像提供: D2C dot
© NHK・NHKエデュケーショナル/ユーフラテス/D2C dot
「ピタゴラスイッチ」 © NHK・NHKエデュケーショナル

<ピタゴラパブロフ Android版について>
・アプリ名 :ピタゴラパブロフ
・リリース日:2016年12月7日(水)
・予定価格 :無料 アプリ内課金あり
・対応機種 :Android Ver4.4以上
・Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.euphrates.PitagoraPavlov01
・アプリアイコン

ppicon

オリジナルゲームデザイン:佐藤 雅彦、安本 匡佑、石川 将也(ユーフラテス)
アートディレクション:貝塚 智子(ユーフラテス)
企画制作:D2C dot + ユーフラテス + 安本匡佑
協力:NHKエデュケーショナル
「ピタゴラスイッチ」 © NHK・NHKエデュケーショナル
© NHK・NHKエデュケーショナル/ユーフラテス/D2C dot

<ピタゴラスイッチとは>
4歳~6歳児を対象とした「考え方を育てる」ことをテーマにした幼児教育番組。2002年よりNHK教育テレビ(現Eテレ)にて放送開始。「ピタゴラ装置」「アルゴリズムこうしん」などのコーナーが高い人気を誇り、世界的にも知られています。

(参考)

<D2C dotとは>
株式会社D2C dotは、「D2Cグループ」としてデジタルマーケティングにおけるソリューション事業を強化することを目的としたD2Cの子会社です。企業のサイトやアプリの受託開発・制作、各種デジタル・コンテンツ、サービスの運用、スマートフォンメディアのオペレーションなど、マルチデバイスに対応したデジタルマーケティングソリューションを主な事業として展開しています。

<ユーフラテスとは>
独自の「研究活動」を基板として活動しているクリエイティブ・グループ。慶應義塾大学 佐藤雅彦研究室の卒業生により2005年設立。研究によって得られた知見を用いて、映像・アニメーション・書籍・展示・テレビ番組・グラフィックデザインなどを通した表現の開発やメディアデザインに取り組んでいる。近年の活動に、NHK Eテレ「Eテレ2355・0655」のディレクションや、同じくEテレ「大人のピタゴラスイッチ」「考えるカラス」の映像制作等。

<安本 匡佑について>
神奈川工科大学情報メディア学科 助教、博士(映像メディア学)。株式会社CENOTE代表取締役。独自の観点から電子デバイスと身体を連携させた新しいインタフェースやゲーム、アート表現の研究開発を行っている。代表作に 「VISTouch」「参式電子弓」「The Light Shooter」、佐藤雅彦とともに開発したPSP専用ゲーム 「INFLUENCE」、iOSゲーム「Pavlov」などがある。

【一般のお問い合わせ先】
株式会社D2C dot
担当者:守谷・原田(太)
電話番号:03-6226-8930
URL:http://www.d2cdot.co.jp E-mail:info@d2cdot.co.jp

お問い合わせ

D2Cを、あなたのデジタルマーケティングパートナーに。

お問い合わせ