ニュースリリース


PRESS

mixi チェックする 印刷する

2012年04月18日

スマートフォン普及動向調査(郵送調査)

~スマートフォン普及率は23.6%、スマートフォン所有者のうち女性ユーザは38.9%に ~

株式会社ディーツー コミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:宝珠山 卓志、以下D2C)では、20122月、スマートフォンの普及動向に関する調査を実施した。本調査では、より実態に近い普及率を把握するため郵送調査を実施し、全国1569歳の一般生活者を対象とし、エリア×性年代別の人口構成比に合わせて回収・集計した。調査結果より、以下の4つのポイントを確認した。

※本リリースに記載されております「2011年調査」とは、20111月に実施したものです。2011年調査」に関する詳細は、下記のWebサイトでご確認いただけます。 

2011年調査:http://www.d2c.co.jp/news/2011/20110427-558.html

 

「スマートフォン普及動向調査」の4つのポイント

【ポイント①】 全国の男女1569歳おけるスマートフォン普及率は 23.6%

           2011年調査よりも16.0ポイント上昇

【ポイント②】  女性のスマートフォン所有者が大幅に増加、女性ユーザは38.9%

           2011年調査と比較して、「女性2029歳」は、9.7%から17.3%に大幅に増加

【ポイント③】 スマートフォン非所有者の購入意向は、32.3%

         「1019歳」では、男女ともに60%以上のユーザに購入意向あり

【ポイント④】  Android OS端末所有者が56.7%となり、iOS端末所有者を上回る

          OSのシェアは逆転したものの、契約しているキャリアはソフトバンクモバイルがシェア1

 

【ポイント①】全国の男女1569歳おけるスマートフォン普及率は 23.6%

調査対象者全体におけるスマートフォンの所有率は23.6%となり、2011年調査の7.6%から16.0ポイント上昇していた。所有パターン別に見ると、「スマートフォンのみ利用」が17.7%、「スマートフォンとフィーチャーフォンを併用」が5.9%、「フィーチャーフォンのみ利用」が73.0%となった。2011年調査と比較すると、「スマートフォンのみ利用」が4.0%から17.7%へと大幅に増加した点が大きな変化だといえる。

スマートフォン所有率

1-1.jpg


スマートフォンとフィーチャーフォンの所有状況

2-2.jpg

スマートフォン利用者の利用履歴について聞いたところ、「1年未満」の合計が63.5%となり、6割以上が1年以内に新たにスマートフォンを購入したユーザであることがわかった。また、利用履歴の回答から、スマートフォン所有者の割合の推移を推計すると、20112月が8.3%20118月が15.6%201111月が18.4%20122月が23.3%となっており、2011年後半から、スマートフォンの普及が加速したことがわかった。

スマートフォン利用履歴

5-1.jpg


スマートフォン所有者の推移(利用歴数値から推計)

5-2.jpg


【ポイント②】女性のスマートフォン所有者が大幅に増加、女性ユーザは38.9% スマートフォン所有者の内、女性が占める割合は38.9%となり、2011年調査の28.6%10ポイント以上増加した。特に、「女性2029歳」の割合は、9.7%から17.3%に増加し、倍近い割合となった。一方、男性では、「1519歳」が4.4%2011年調査:4.0%)、「6069歳」が3.4%2011年調査:3.1%)と、それぞれ微増していた。

スマートフォンユーザの性年代構成比

2-1.jpg

性年代別にスマートフォンの所有率を見ると、男性では、「男性 2029歳」の48.3%、女性では、「女性 2029歳」の54.2%がもっとも高い割合となった。特に、「女性 2029歳」は、2011年調査の9.6%から40ポイント以上増加しており、急速にスマートフォンの普及が進んでいることがわかった。

地域別にスマートフォンの所有率を見ると、「関東(25.8%)」、「東海25.0%)」、「東北(23.1%)」、「九州沖縄(23.1%)」の順で高い割合となった。2011年調査と比較してみると、「北海道(2011年比:+8.8ポイント)」を除き、その他の地域では、10ポイント以上増加していた。もっとも、高い増加率となったのは「東北(2011年比:+19.4ポイント)」であった。

性年代別、居住地別 スマートフォン所有率

 2-2.jpg


【ポイント③】スマートフォン非所有者の購入意向は、32.3%

スマートフォン非所有者に、今後のスマートフフォン購入意向について聞いたところ、「ぜひ購入したい」が10.3%、「まぁ購入したい」が22.0%と、スマートフォン非所有者の32.3%に購入意向があることがわかった。2011年調査では、「購入意向あり」は27.9%であったので、購入意向者の比率は、4.4ポイント上昇している。

スマートフォン非所有者の購入意向

3-1.jpg


スマートフォン非所有者における購入意向者の割合を、性年代別に見てみると、男性では、「1519歳(60.0%)」、「2029歳(44.9%)」、「4049歳(41.3%)」、女性では、「1519歳(66.1%)」、「2029歳(55.3%)」、「303939.1%)」の順で高い割合となり、男女とも「1019歳」が高い割合を示した。2011年調査と比較すると、「女性 1519歳」が26.5ポイント上昇しており、突出して高い数値を示した。

性年代別スマートフォンの購入意向

 3-2.jpg

【ポイント④】Android OS端末所有者が56.7%となりi OS端末所有者を上回る

スマートフォンのOS別に所有者の割合を見ると、iOS39.6%2011年調査:57.7%)、Android OS56.7%2011年調査:29.1%)となり、この1年でAndroid OS末所有者が半数を超えたことがわかった。

スマートフォンユーザの利用端末のOS

4-1.jpg

また、スマートフォン所有者が契約している通信事業者の比率を見たところ、ソフトバンクモバイルが38.5% 2011年調査:61.0%)、NTTドコモが34.4%2011年調査:22.0%)、au25.3%2011年調査:13.6%)の順となった。ソフトバンクモバイルは、2011年調査時から大きくシェアを減らしているものの、2012年調査時でも、もっとも高いシェアとなっていた。

スマートフォンユーザが契約している通信事業者

4-2.jpg

 

(参考)

20112月には、PCインターネットによる調査も実施したましたが、モバイルユーザのうちスマートフォン所有者の比率は25.5%でした。それに対して、郵送調査(本調査)では、スマートフォン普及率は23.6%(モバイルユーザのうちのスマートフォン所有者の比率は24.4%)と近い数値結果となりました。興味をお持ちの方はそちらの発表資料もご参照ください。

モバイル利用動向調査(20122月:PC調査):http://www.d2c.co.jp/news/2011/20120322-1318.html

<調査概要>

調査実施期間    2012210日~220

調査方法        :郵送調査

調査対象     :ビデオリサーチ社保有の調査モニターパネル

         全国/男女15歳~69

サンプル数      3000サンプル (集計対象)/5217(発送数)

性年代別(男女10歳刻み・12区分)×エリア(全国9地区)の各セルについて、全国の住民基本台帳の人口構成比に基づき目標サンプルを設定。回収票の中から目標サンプルとなるように無作為抽出し、集計対象サンプルを設定。

調査会社   :株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(企画)、株式会社ビデオリサーチ(実査)

 

<調査主体>

株式会社ディーツー コミュニケーションズ(http://www.d2c.co.jp/

所在地                 : 〒105-0021 東京都港区東新橋1-9-2 汐留住友ビル18

TEL                     : 03-6252-3100

代表者                 : 代表取締役社長 宝珠山 卓志

事業内容              : メディア事業、メディアレップ事業、モバイルソリューション事業など

              モバイルマーケティングビジネス全般

一覧に戻る


pagetop