D2C

プレスリリース

iPhone向け動画広告効果調査

株式会社電通と株式会社ディーツー コミュニケーションズは、日本市場で普及が進むスマートフォン「iPhone」向けの広告に関する調査を、2010年9月23日から30日の間に実施した。調査は、グーグルが提供するiPhoneアプリのアドネットワーク※「AdMob」上に掲出したバナー広告、およびそのバナー広告をクリック(タップ)すると起動する動画広告に関して行った。バナー広告の配信は、2010年8月23日から9月22日の1ヶ月間行い、その掲載終了直後に、同アドネットワーク上で、iPhoneユーザを対象として調査を行った。
本調査では、株式会社電通が主導で実施した、大手自動車メーカーによる、自動車を購入する際に利用できる「新車の購入プラン」の認知向上を目的として展開したキャンペーンに関して実施した。その結果、以下の4つのポイントを確認した。

※アドネットワークとは、複数のWebサイトの広告枠を束ね、まとめて広告を配信するシステム。ここでは、複数のiPhone向けアプリの広告枠を束ねたシステムを指す。

「iPhone向け動画広告」の4つのポイント

【ポイント1】動画広告は、広告の印象度を高める効果がある。
動画広告を「確かに見た」と答えた人は、バナー広告を「確かに見た」と答えた人の約1.7倍となった。

【ポイント2】動画広告は、訴求内容の認知向上に効果的である。
動画広告認知者における広告での訴求内容の認知率は、バナー広告認知者に比べて約11ポイント、広告非認知者に比べて約24ポイント高い。

【ポイント3】動画広告は、より高い態度変容効果が期待できる。
動画広告認知者の約4割が、広告閲覧後、サイト閲覧や検索などなんらかの行動を起こした。

【ポイント4】動画広告は、訴求内容の理解促進に効果的である。
アンケート調査上で動画広告素材を再度閲覧させたところ、9割弱が訴求内容を理解した。

【ポイント1】動画広告は、広告の印象度を高める効果がある。
バナー広告、動画広告それぞれの認知状況を確認した。調査対象者の中で「確かにみた」という強い想起を示したのは、バナー広告は8.9%であった。動画広告は14.7%であり、バナー広告の約1.7倍となった。動画広告は、バナー広告に比べて、広告の印象度を高める効果があると考えられる。【図1-1,1-2】

1.JPG

1_2.JPG

【ポイント2】 動画広告は、訴求内容の認知向上に効果的である。
訴求内容である「新車の購入プラン」の認知を聞いたところ、「詳しく知っている」、「ある程度知っている」、「言葉だけは聞いたことがある」の合計(認知計)は、動画広告認知者では71.4%、バナー広告認知者では60.6%、広告非認知者では47.7%であった。動画広告認知者における訴求内容の認知率は、バナー広告のみ認知者に比べて約11ポイント、広告非認知者に比べて約24ポイント高く、動画広告が訴求内容の認知向上に効果があると考えられる。【図2】

2.JPG 

【ポイント3】 動画広告は、より高い態度変容効果が期待できる。
広告を見た後に行った行動について聞いたところ、動画広告認知者では、「自動車メーカーのサイトで車種Aの情報を見た/調べた」が14.3%、「インターネットで『車種A』を検索した」11.9%、「インターネットで『新車の購入プラン』について調べた」9.5%,「自動車メーカーA社以外のサイトで『車種A』の情報を見た/調べた」9.5%と、サイト閲覧や検索行動が上位を占めた。
逆に、「特に何もしなかった」と回答したユーザは、動画広告認知者の57.1%であり、動画広告認知者の約4割が、広告閲覧後、サイト閲覧や検索などなんらかの行動を起こした。
バナー広告認知者で、なんらかの行動を起こした比率は1割弱となっており、バナー広告+動画広告とすることで、より高い態度変容効果が期待できると考えられる。【図3】

3.JPG

【ポイント4】動画広告は、訴求内容の理解促進に効果的である。
調査実施時に、広告非認知者に動画広告素材を閲覧させた上で、「新車の購入プラン」についての理解度を聞いた。「理解できた」、「なんとなく理解できた」の合計が85.2%となり、9割弱が訴求内容を理解していた。もともと「新車の購入プラン」について、52%が「全く知らない」と回答していた状況を鑑みると、動画広告が訴求内容の理解促進に効果的であると捉えられる。【図4】

4.JPG

<調査概要>
調査実施期間:2010年9月23日~9月30日
調査方法:モバイル・インターネット調査
     ※広告出稿終了後に、広告を掲出した同一のアドネットワーク上に
      調査告知のバナーを掲出して調査実施。
調査対象:「iPhone」ユーザ、男女15歳以上
調査地域:全国
有効サンプル数:224件 
調査会社/集計分析:株式会社ビデオリサーチインタラクティブ
※広告配信期間:2010年8月23日~9月22日

<調査主体>
株式会社ディーツーコミュニケーションズ(http://www.d2c.co.jp/)
所在地:〒105-0021 東京都港区東新橋1-9-2 汐留住友ビル18階
TEL:03-6252-3100    
代表者:代表取締役社長 宝珠山 卓志
事業内容:メディア事業、メディアレップ事業、モバイルソリューション事業など

=====================================
【 本件に関するお問い合わせ】
株式会社電通
デジタル・ビジネス局 インターネット・メディア部
金林
TEL:03-6216-8312 FAX:03-6217-5557

株式会社ディーツー コミュニケーションズ
営業推進本部
中澤
TEL:03-6252-3101 FAX:03-6252-3111
URL:www.d2c.co.jp/  E-mail:press@d2c.co.jp

=====================================


お問い合わせ

D2Cを、あなたのデジタルマーケティングパートナーに。

お問い合わせ