D2C

企業理念・社長挨拶

 

企業理念・スローガン

コーポレートスローガン

市場の変化を柔軟に受け入れ、関わるすべての企業・組織・人にとってD2Cが、"ベストパートナー"であり続けることを目指し、 "スマートなメンバー"、"スマートなやり方"で、次代を切り拓き、"スマートな答えを出していく"、そんな企業であり続けたい、という想いから、本スローガンを策定いたしました。

むずかしいことを、かんたんに。
+デジタルでスマートに。

グループ理念

わたしたちD2Cが展開するすべての事業において、以下に示す理念を「社会における存在意義」として定め、ワイヤレスを活用したコミュニケーションの発展を通じて、人々の生活を豊かにするべく企業活動を展開してまいります。

生活者が喜びを感じ、幸せになれる形をデザインし
企業が伝えたいメッセージを、より伝わりやすい形にデザインし
産業の進化、働く者の進化とチャンスを約束します。

社長挨拶

「共・想・創」

株式会社D2C
代表取締役社長
宝珠山 卓志

超高速ネットワークに常時接続し、モバイルデバイスを通じて、社会、会社、個人とあらゆるレベルで繋がっていく。従来のメディア論、広告論、マーケティング論を再定義させ、コンテンツやビジネスモデルも一新する社会シフトが日本だけではなく、世界規模でもたらされていく。こんな大変革期は100年に一度の出来事ではないか?

社会の主役である個人にとって、モバイルは最初にして最後に手にしたマルチでパーソナルなデバイスである。産業革命後の技術革新の集大成であると言い切るのは言い過ぎだろうか?食べる、寝る、遊ぶ、働くなど・・・。およそ思いつく個人の行動にモバイルはつきまとう。これまでも、これからも、24時間30cm以内のコミュニケーションを可能とするのはモバイルだけであろう。

D2Cは、モバイルを中核としたデジタル全般を事業領域とし、アジアをはじめとした世界に向けて、これまで培ってきた実績、知見、ノウハウをグループ各社を通じて展開している。

この先、私は、D2Cは何ができるだろう。技術的進歩はスピードをあげてやってくる。が、D2CがD2Cであり続ける為に必要なものは変わらない。メンバーと情熱と「共・想・創」。
一人だけでは、D2Cだけでは、何もできない。これからは、日本、アジアをはじめとする世界の皆と共に想い、創り出すのだ。

1秒・1分・1時間、「明るく・楽しく・厳しく」過ごす時間の多さが、将来をどう迎えるのかを左右する。気分を新たに、奢る事なく初心に戻り、予定調和を自身で超えて、D2Cグループとして統合的なデジタルマーケティング企業として、全社挙げて進んでいくのだ。

 

お問い合わせ

D2Cを、あなたのデジタルマーケティングパートナーに。

お問い合わせ