業務内容出向先とD2Cをつなぐ橋渡し

今はD2Cと同じ資本関係にあるLIVE BOARDという会社に出向しています。LBは屋外広告の会社なので、D2Cとは直接業務では関わらないのですが、将来モバイル×屋外広告という新たなD2Cの事業に繋げていくべく、武者修行中です。
D2Cに入社後、親会社である電通とドコモ、協力会社、そして今の会社と、在籍5社目となります。経験してきた色々な立場での考え方や知見を、D2Cに還元することがミッションだと捉えています。

仕事でのやりがい担当している商品が世に出たとき

メディア担当を長くやってきたので、自分が担当している広告商品を広告主に実施してもらい、「反響があった」「また出稿したい」などフィードバックをもらえたときが一番嬉しい瞬間です。
自分が企画した広告商品に、代理店を通じて広告主がついて、世に出てユーザーに届いたとき、頑張って提案してきて良かったなと思います。

プライベートの過ごし方会社の部活動にも参加!

ノー残業デーには趣味の野球観戦に出かけたり、同期と飲んだりしています。
部活は一応野球部に所属しているのですが、やるのは苦手なので基本ベンチを温めています(笑)。
ただ、先輩後輩の風通しが良く、変なプレッシャーもないので、後輩にイジられながら気楽な気持ちで参加してます。

D2Cに入社を決めた理由企業風土と人が決め手

きっかけは、ドコモと電通のジョイントベンチャーということで、インフラ的な堅い仕事と広告の派手な仕事、両方を経験出来そうだなと思ったことでした。実際イメージに近く、真逆に近い両方の文化を持った面白い企業風土だと思います。
あとはベタですが、人です。お会いした先輩や人事の方と一緒に働きたいなと。同期にも恵まれました。前向きに仕事を続けられている一番の理由はそこかもしれません。

就活生にメッセージいろいろなタイプの人が求められる!

入社時に、当時の社長に何で僕は採用されたんですか?と聞いたら、「他にいなさそうなタイプだったから」と言われました。業界柄、クリエイティブな発想を持っていないといけない、とか、体育会系じゃないといけない、とかイメージしがちですが、そんなことはなく、むしろ色々なタイプの人が求められている会社です。
なので適性とか言うよりは、D2Cの仕事に前向きに興味を持てる人がD2Cに向いている人だと思います!

メディアの他の社員をみる

PAGE TOP